神通力の神々 社

ホーム » 天神通力の神々 社 » 宥明上人様

山形県に現れた大神通力者、宥明上人様

7秒間隔のスライドショーです。マウスを画像に置くとスライドショーは停止します

高橋宥明上人(たかはしゆうめいしょうにん)

高橋宥明上人は安政5年(1858)に山形県東置賜群萩村字赤山(現南陽市)に生まれ、32歳(明治22年)のときに山中の大きな岩の上(仙縁石)で腹を病む老人に「この峠の上まで背負って登ってくれ」と頼まれ険しい急坂の石ころ山を老人を背負い登った。
ここで老人より玉をもらい、人類史上希代の神通力者となり宥明上人となる。

 

以来、各地を放浪し、多くの病人を治し、さまざま神通力を行ったが、ほとんど世に知られることなく大正3年(57歳)にこの世を去った。
(墓地:昭和61年、上山市 寿仙寺に改葬)

 

宥明上人は人々の眼前でテレポートしたり、水上を歩いたり、さらにいあわせた全員の眼前に遠方の風景をホログラムのように映し出すなど、その能力は通常の「超能力(神通力)」の範疇をはるかにこえるものであったが、もっとも得意としたのは「投筆(なげふで)」だった。

 

書いてもらいたい人は紙を軽く巻いて帯封をし、神棚や仏壇に立てかけておく。
宥明上人はまったく他の場所で、依頼者の名前を唱え、筆先に少し墨をつけ、1mほど投げる。

すると、不思議なことに封印された紙に「龍」などの文字や鳥の絵が描かれていた。
『宥明上人神変記』は、宥明上人と親交があり、驚異的な神変現象の数々を目撃した大橋博吉陸軍大佐の貴重な手記である。

宥明上人を訪ねて

宥明上人を訪ねて
山本健造 監修/山本貴美子著『科学革命意識の本体』福来出版 から紹介

 

われわれ三人は「ただ一冊の本」を手がかりに、7月15日(昭和の後期頃)午前11時52分、山形県上の山駅に着きました。
ただ一冊の本とは、この春、私の精神統一中にインスピレーションがあり、長年本棚で眠っていた陸軍大佐大橋博吉著『高橋宥明上人神変記』であったのです。

 

一度山形へ行ってみようと思ってから数ケ月、やっと機が熟し、出版社社長の小林氏と主人である山本健造と私の三人で調査に赴き、心霊事件としか考えられない数々の出来事に遭遇しました。


その不思議な事件とは、宥明上人が弘法大師より神通力を授けられたと伝えられる仙縁石(せんえんせき)を探すために、不思議な糸に引かれるかのようにあまりにも好都合に事が運び、瞬間的なチャンスを捉えるために背後で霊的な力が働いたことがはっきり証明されたことです。


夕暮れのように曇天に小雨降る薄暗い彼方の仙縁石のある森の中から、十字型に光芒(こうぼう)が鋭く輝くのがカメラに納まったのでした。
そして、山本健造の全身が痺れて宥明上人の言葉が感得されてきました。

 

さらに「大霊能者長南年恵様の事蹟を調査せねばならぬ!」というインスピレーションに襲われて、長南年恵様の御位牌の前でやはり山本の体が痺れたかと思うと、長南年恵様と霊的感応が起り、年恵様が起こされたに違いないと思われる私のネックレスに起こった超物理現象など、思いがけずに出会った事件の数々を順を追って述べようと思います。
最初にきっかけをつくった素晴らしい事実を記録した『高橋宥明上人神変記』を紹介しようと思います。

高橋宥明上人神変記

宥明上人が起こした神通力を山本健造 監修/山本貴美子著『科学革命 意識の本体』福来出版 目次を紹介します。

詳しい内容は、『科学革命 意識の本体』を是非、ご一読下さい。

 

神変その一 意中を知る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・192
神変その二 投筆・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・193
  不思議な力を得た因縁・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・195
神変その三 灰神楽を止める・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・196
神変その四 人の体に墨をつける・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・198
神変その五 遠方のことを知る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・199
神変その六 見知らぬ人の病を知る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200
神変その七 蛙を逃がす・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・200
神変その八 烏の犯した罪を知って霊縛する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・201
神変その九 たちまち隠投する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・202
神変その十 雨にも濡れない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・203
神変その十一 豪雨を止める・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・204
神変その十二 風の向きを変える・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・205
神変その十三 不思議な悪戯あれこれ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・206
神変その十四 遠方の物品を引き寄せる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・207
神変その十五 飛行自在・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・208
神変その十六 飛行その二・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・210
神変その十七 飛行その三・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・210
神変その十八 戸を開けないで出入りする・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・211
神変その十九 同席していても見えない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・212
神変その二十 開眼供養の不思議・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・214
神変その二十一 悪人の家では字が乗らない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・216
神変その二十二 罪深き人のためには書いた字も消える・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・217
神変その二十三 遠距離に在って一掬の水で火災を免れさせる・・・・・・・・・・・・・・・219
神変その二十四 数珠でいっさいを判断する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・220
神変その二十五 人を引き寄せる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・221
神変その二十六 水面を陸上のように歩く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・222
神変その二十七 話に従ってよその土地を幻出させる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・223
神変その二十八 思いに従って神仏を拝む・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・224
神変その二十九 絵に描いた烏が鳴く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・225
神変その三十  人の布団を鉄板のようにする・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・226
神変その三十一 火の浄不浄を知る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・227
神変その三十二 大師の奇蹟を予言する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・227
宥明上人の事ども・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・228
木原裸院師の上人故地探訪記・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・233
投筆について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・235
御宝が来る紐について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・237
仙縁について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・239
風貌について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・243
河水一掬について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・244
水について大橋氏からこんな実験を聞きました・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・245
福島三春より山形県上村郡千歳村役場まで空中を飛ぶ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・246
長寿庵在住の消息・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・247

夫婦喧嘩の仲裁・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・248
足蹴にせられる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・250
神授品について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・250
石を投げて堤防を破壊する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・252
他の法力を縛する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・252
法術の競技・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・253
高野山に登り霊界に到る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・255
隠身・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・257
開眼・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・257
橋大黒の開眼・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・258
熱湯の風呂に入る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・259
食い尽くした膳部がそのまま残る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・260
書かれた投筆へ棒引・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・260
炭火消ゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・261
偉大なる捨身・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・261
雨かからず・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・262
施法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・262
金を引き寄せる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・263
病を治す・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・264

 

三 天才霊能者の遺蹟「仙縁石」を探して・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・267
四 宥明上人の霊に感応・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・271
五 宥明上人生誕の地を訪ねて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・273
六 宥明上人直系の人びと・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・275
七 目のあたりに超物理現象「投筆」を拝見する・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・277

 

 

既に亡き天才神通力者 ! 今なお超物理現象を起こす

真剣に頼めば助けてくださるかつてこの世に偉大な神通力者として生きておられた聖者・神様です。

 

六次元会主催の『生命エネルギー誘発セミナー』ご参加者には、宥明上人が起こされた「円滑現象」「アポーツ現象」体験者が集っています。
是非、参加されて体験談を直接うかがってください。

「生命エネルギー誘発セミナー」についてお問合せをお待ちしております。

メールでのお問い合わせ
アイコンをクリック
又は、下記アドレスから

メールアドレス
info@rokuzigenkai.com

お問合せをお待ちしております。

お問合せフォームから
アイコンをクリック

・ セミナー参加
・ 会員希望
・ 質問・その他

お問合せをお待ちしております

TEL:0577-72-2486

FAX:0577-72-5453
応答可能時間
平日8:00~17:00
事務所を留守にする場合もあります

『セミナー会場』画像クリックでGoogleマップ表示

セミナー会場 飛騨福来心理学研究所

御祭神(霊魂不滅の神々)

脳が灰になれば意識はどうなる? 霊魂不滅はほんとうか?

書籍の購入はこちら

(一財)飛騨福来心理学研究所出版部
福 来 出 版

意識の起こす神秘の科学的根拠を探る
いかに生きるか、セラピストを目指す人は必読書「一度の人生いかにいきる」
念写発見の為、東京帝大より追放された学聖福来
生命現象を矛盾なく解くカギは志向クォーク「宇宙統一詩論の試み」
福来友吉決定版復刻『心霊と神秘世界』
古事記より正確に飛騨には口碑として残っていた「明らかにされた神武以前」
飛騨の口碑を解りやすく書いた名著