神通力の神々 社

7秒間隔のスライドショーです。マウスを画像に置くとスライドショーは停止します

天孫宮について

山本健造は平成17年に天孫宮(てんそんぐう)を創建した。
天孫宮の神々はかつて飛騨から天孫降臨で降りて行かれて、日本の国をひとつにまとめるためにお骨折りくださった方々である。

 

その方々が後に或る宗教(過去の)に苛められてエタ(飛騨の奴ら)非人に落とされて筆舌に尽くせぬ御苦労と残念な思いをされた。
その方々の功績を讃え名誉を回復し、御慰めしているのが天孫宮であり、六次元会でお守りしている。

 

さらに
その宗教が古代史を消した。

山本健造は飛騨の口碑に基づいて、消された古代史を明らかにした。
伊勢神宮の天照大神は初代大淡上方様から35代目の上方様で、御名はヒルメムチ命様である。
その初代大淡上方様を天孫宮に一緒にお祀りしている。

 

その他、飛騨古代の神々や、福来友吉博士、宥明上人、長南年恵様などをお祀りしている。
天孫宮には、偉大な神通力者の聖者をお祀りしている。


いままで研究所、会員周辺で起きたアポーツなどの心霊現象は、この神々によるものである。

補足として

天照大神を中心とした系図

飛騨の口碑から観る神武以前「系図」

『古事記』は西暦712年に稗田阿礼(ヒダノアレイ)が口述したものを大野安磨呂(オオノヤスマロ)が筆記した日本の最も古い文献です。(稗田阿礼とは・・

日抱の御魂鎮め

日抱きの御霊鎮め

『日抱の御魂鎮め』は、誰がいるから始めたのだろうか?と興味が湧きます。「飛騨の口碑」では、いつから始まったのかわからぬ程の大昔からとあります・・

神通力の神々

大淡上方様

初代大淡上方様

飛騨は涼しくて、食べる物が豊富にあり、人々は大自然や先祖に感謝をして、日抱御魂鎮をして、平和で幸せな生活が長い長い長い間続いたのです・・

饒速日命 他 天孫神々

大和開拓の功労者饒速日命 他 天孫神々

未来を見通す神通力を具えた第35代上方様ヒルメムチ命(天照大神)の夢見は、筑紫(九州)に外国人が大勢上がってくる様子。このままでは、東の方へドンドン攻めて・・

大荒城神・神々

大荒城神・神々

飛騨(岐阜県)はかつて縄文文化が栄えました。その遺跡がたくさん残っています。十余年前のある日のことです。
山本健造の弟子が遺跡発掘調査の・・

鳥居神・神々

鳥居神・神々

河合村役場で山本の教え子の中畑氏が助役をしていました。
平成15年ころのある日、電話がはいりました。「山本先生~中畑で~す。お宮・・

大笠神・神々

大笠神・神々

飛騨市古川町の高田神社の横を走る県道があり、その道は神原峠を通ってノーベル賞で有名なカミオカンデがある飛騨市神岡町に通づる道路です。その神原峠を・・

大八島総祖神・神々

大八島総祖神

『純日本人(大和民族)は、淡山(あわやま=乗鞍岳)の丹生の池から”生命”がわいて大八島(日本列島)に広がった』飛騨の口碑から紹介します。むかし、昔、大昔、この・・

宥明上人様

宥明上人

高橋宥明上人は安政5年(1858)に山形県東置賜群萩村字赤山(現南陽市)に生まれ、32歳(明治22年)のときに山中の大きな岩の上(仙縁石)で腹を病む老人に・・

長南年恵様

山形の大神通力者『長南年恵様』

長南年恵様(ちょうなんとしえ。本籍地:山形県西田川郡稲生村大字八日町乙八十番地・戸籍名「登志江」)は、文久三(1863)年10月26日、鶴岡市旧高畑町の士族の家に生・・

御祭神(霊魂不滅の神々)

「飛騨の口碑」は正しいか? 調査結果から得た真相とは?

書籍の購入はこちら

(一財)飛騨福来心理学研究所出版部
福 来 出 版

飛騨の口碑を解りやすく書いた名著
史実に基づく飛騨の口碑から新たな真実が解った
国の功労者である天孫が被差別部落に落とされた真相「暴かれた古代史 二千年の涙」
古事記より正確に飛騨には口碑として残っていた「明らかにされた神武以前」
言語学等、学術的論文を多方面から検証し飛騨の口碑が正しい事を証明した「日本起源の謎を解く」

六次元会 連絡

住所
岐阜県高山市国府町八日町712
連絡先
TEL : 0577-72-2486
FAX兼:0577-72-5453
応答可能時間=平日8:0017:00
事務所を留守にする場合もあります
活動内容
天孫宮生命エネルギー波及セミナーセラピスト養成六次元精神統一会病気・悩み・神通力

メールでのお問合せ

お問合せフォームから